不動産物件としてのマンションの購入

不動産投資用の中古マンションの購入やマイホームでの中古マンションの購入の場合には、新築の物件よりも資料や情報が多くなるので、調べる内容もわかりやすくなります。
購入のポイントとしては、マンションは管理を買うということですから、管理の状態をよく調べておきます。
重要なのは全体の積立金の額です。
積立金が少ないと、足りない分を徴収したり、積立金の増額ということになります。
その金額も状況によって高額になる場合もあります。
規模にもよりますが、やはり数千万円ぐらいは欲しいところです。
全体の積立金も資産価値に入ります。
また大規模な改修をする前かどうかや、年るうが経っている場合エレベーターなどの設備が取り換えているかどうかも確認をします。
金額が多いからです。
給水タンクやポンプの取替えや屋上防水層改修、外壁タイルの浮き、剥離、排水管の状況なども確認をしておく必要があります。
住みやすさ以外でも確認すべきことはたくさんあります。