不動産物件としての中古マンションの条件

中古マンションを購入する場合は、投資目的でもマイホームとして購入する場合でも、確認をしておくべきことは共通しています。
築何年かにもよりますが、使用している部分は劣化が起こっています。
配管や、その他の設備などです。
それらを改修するのにどのくらいの予算が必要かも十分調べておく必要があります。
長く使っている場合には、配管の取り換えや、クロスの張替え、フローリング改修などそれぞれの改修をする部分をよく調べておく必要があります。
とくに水回りは重要です。
その他日本独特の条件として忘れてはいけない内容では耐震性の確認があります。
最近もそのことで大きな問題がありましたが、マンションによっては、建設した会社がなくなっているということもあります。
そうなると保障もしてもらえません。
それらの確認や、どの程度の地震に耐えられるかや、逃げる場合に避難路が確保されているかなども重要です。
命あっての物種という面もあります。